Tag

Google

Browsing

そのSEOライティング!🔎Googleに見抜かれてますよ

「今、Google が認めるコンテンツに
 変化が生まれはじめています」
もっと言うと、
 「現在、僕達、人間が上位表示するため、
考えに考えたSEOを重視したライティング方法が
 今後、Google に見抜かれるのではないか?」
ということ。
まだ、定かではありません。
そういう、傾向にあるのではないかということです。
なので、今まで、弊社がコンサルティングなどで
お伝えしているライティング方法はまだ有効です。
とはいえ、SEOは生物。
何が起こるかわかりません。
どんな変化が起きているのかというと、、、
以前は、文字数に対して、
・キーワード比率 ◯%
・共起語が、バランスよく使われているか
・冒頭◯百文字を、濃い内容とする
・ワードサラダに気をつける
・・・
など、基本的なルールは、もちろんなのですが、
上記の、基本ルールも少し変わるのではないかと
感じています。
その「ルールが変わる」という意味
なんだと思いますか?

それは、Google の人工知能アルゴリズムである
【Rank Brain(ランクブレイン)】が
日々、賢くなっているという「証拠」です。
この「変化を捉えられるかどうか」が、
SEOでどう勝てるかということに繋がります。
少し話はそれましたが、、、
では、これからのコンテンツライティングでは、
なにが重要なのか。。。
それは、「コンテンツの濃さや専門性」です。
つまり、詳しければ詳しいほど、
ユーザーに対して、有効な記事、
というふうに捉えられます。
これは、半年程度前からも同じではあるのですが、
その【濃さがもっと必要】になってくるのでは
ないかということです。
例えば、その道の専門家が見るような
雑誌であったり、情報番組。
テキストやレジュメなどにかかれているものが
SEO的に大事であるということです。
これからは、マーケティングの一つの手段であるSEOが
よりマーケティングに【浸透】してくるでしょう。
マーケティングでのライティングは、
いかに、相手を文章に引き込んで
読ませていくかということも大事。
読みにくければ、
それはユーザーのためではないのです。
この専門性と、ユーザーへの読みやすさ、
などが今後のコンテンツSEOに【密】に
関係してくるのだと思います。
いかに、「ユーザーファースト」であるか。
これが、キモになるでしょう。
PS
人工知能(Ai)の発達で、
ユーザーのためにならないコンテンツや
サイトは、排他されていく時代。
SEOは、なるべく早めの対応が必要です。
もし、SEOでお困りの際には、
(■■を@に置き換えてください)
にお問合わせしてくださいませ。
その困ったに、お答え致します。

Googleのツールは高機能で無料👍!

 

「Google Search Console」

(以下、グーグルサーチコンソール)

 

思った以上に、使われていないことを以前お話しました。

 

でも、
「Google Analytics」「GA」
(以下、グーグルアナリティクス)
はほとんどの方が知っている。

 

とは言っても、グーグルアナリティクスの
日本での上場企業さんの使用率は、66.7%。

 

まだまだ、使用頻度は少ないと思います。

 

上場企業さんであれば、
ほとんどの会社はWEBサイトを持っている
と思われますが、まだ70%弱しか、
使われていないんですね。

 

 

もちろん、全然、必要としない会社、
WEBサイト自体をお持ちでない会社も
あると思います。
その中でも、、、

 

グーグルアナリティクスの、
便利な使い方や、解析・分析に役立つ
設定方法、あるいは、画面の見方を
熟知している人も少ないと思います。
例えば、バナーや、各リンクの
クリック率を測定することも
可能なんですね。

 

しかも、めちゃめちゃ簡単に。

 

高価なツールをつかわずとて、
無料でもかなり高機能なグーグルアナリティクスを
使いこなせば、あなたのWEBサイトの集客や、
良くないポイントを効率的に知ることが出来るのです。

 

他にも、ABテスト、コンバージョン率測定、
サイトの導線チェックなども簡単です。

 

ネットショップを使われている方などは、
設定次第で、その日の売上をチェックしたり、
顧客の購買管理なども可能です。
もう一度、グーグルアナリティクスを
見直してみることをオススメします。